JR目白駅のホームドアが稼働しましたね!

稼働初日の9日には、東京視覚障害者協会の方々が使い勝手をチェックしたようで、「安心感が全く違う」みたいです。

山手線の各駅にホームドアの設置が進んでいますが、きっかけは目白駅で全盲の男性がホームから転落して亡くなった事故でした。この事故は2011年1月ですから2年10カ月越しになります。

特に、目白駅はホームの幅が狭いので、安全性が増して、本当によかったです。今後は悲しい事故が起こらないようになればと思います!