きょうは「あったらいいネ! file.7」を紹介します(^-^*)/
若い人が住み続けられるようにとのアイデアです!

豊島区は住民の入れ替わりが激しい地域。毎年約2万人が入れ替わっています。13人に1人の計算です。また、20歳、30歳代の半分以上が豊島区に住んで4年11カ月未満であり、若い人の出入りが激しいことが伺われます。

私の周りでも、結婚や子育てに絡んで隣接区などに引っ越す人も多いです。家賃が高いなどの理由です。そこで、若い人が豊島区に住み続けられるように新婚世帯を対象にした「家賃補助制度」などがあったらいいと思います。

豊島区の区民意識調査(2010年)を見ると、長く住んでいる人ほど「以前より住みづらくなった」と回答しています。20年以上住んでいる人では、3人に1人がそう感じているようです。理由としては「地域のマナーの悪化」や「ご近所付き合いの減少」などが挙げられており、地域コミュニティが弱っている印象です。

若い人が豊島区に長く住み続けられれば、豊島区への愛着がもっと沸くだろうし、地域コミュニティへの参加機会も増えるのではないでしょうか。豊島区の元気の源である地域コミュニティの維持という観点からも新婚世帯を対象とした「家賃補助制度」はあったらいいと思います!