こんばんは!(;`・ω・)q

前回の投稿のコメントで、昔は目白駅のわきでザリガニが獲れたとの話題が持ち上がりましたが、時代とともに豊島区のまちも大きく変わってきました。

例えば、千川には「千川上水」という川が流れ、土手に桜が咲いていたそうです。高度経済成長期の開発で、ふたをして地下に埋め、今は道路になっています。___φ(。_。*)

こうした様々な記憶がつまった豊島区「記憶の遺産80」のミニ上映会が区内3カ所で開催されますよ。

 豊島区「記憶の遺産80」は豊島区が昨年の区政施行80周年を記念して制作したもので、60歳以上の区民33人が昭和初期の暮らしや出来事の記憶を語った映像です。

**************************

ミニ上映会のスケジュールは、
7月1日(月)区民ひろば長崎
7月25日(木)区民ひろば清和第一
8月29日(木)区民ひろば西池袋
※いずれも13:30~15:30

**************************

また、映像は、豊島区「記憶の遺産80」のホームページと、区内18カ所の「区民ひろば」「地域区民ひろば課要町分室」でも観ることができます。上映会に行けない方は、ぜひウェブでε = ε =ヾ(*。>ω<)ノ <豊島区「記憶の遺産80」ホームページ> http://www.toshima-kioku.jp/toshima80/index.html
※同ページ上部のメニュー「閲覧について」から、ミニ上映会のスケジュールも確認できます。